そばかすに効くサプリ

MENU

そばかすを消すサプリがある?

 

そばかすの原因はなに?

 

色素沈着による肌トラブルの代表的なものとしてそばかすがあります。そばかすはシミの一種であり、細かいシミがまばらにたくさんできることからどうしても肌の美しさを損ね、女性は特に気にするものです。そばかすも色素沈着によるトラブルですからシミ一般の原因と基本的には同じで、メラニン色素が過剰に生成されること、生成されたメラニン色素の排出が滞ること、この二点が重なることで発生しています。そばかすを予防するにも解消するにも、お肌のターンオーバーについて意識する必要があります。

 

お肌の細胞の生まれ変わり周期であるターンオーバーサイクルは、年齢によっても左右され若い人の方がサイクルが短く、つまり短期間で細胞が生まれては外へ押し出されていくことになります。このとき、生成されたメラニン色素も同時に外へと押し出すため、ターンオーバーサイクルが短く保たれていれば多少メラニン色素が多く生成されても影響を及ぼしません。しかし加齢や栄養不足・健康問題などによりターンオーバーサイクルが長くなると、メラニン色素が排出されにくくなり肌の奥へ留まってしまいます。

 

特にそばかすはその一つ一つはそれほど濃いものではないにせよ、数が多いために目立ちやすいですよね。メラニン色素はある程度は生成されるのが正常ですから、過剰生成されなくても排出が滞ることでそばかす程度の色素沈着は起こりえるのです。つまり、そばかす予防には何よりターンオーバーサイクルを短く保つための美容・健康対策が必要となるのです。

 

サプリと一緒にそばかすを消す栄養を摂る!

 

そばかす対策というと外用のUVケアクリームや美白美容液と言った、外からのアプローチばかりを思い浮かべる人が多いでしょう。しかしながら、体の内部からのそばかすやシミ対策も重要なものです。なぜならそばかすを根本的に消すために必要なのは美白成分ではなく体自身が古い細胞とともに沈着した色素を押し出す力だからです。

 

美白化粧品の有効成分の中には、沈着した色素の量を減らしたり目立ちにくくする成分が確かに含まれています。しかしこれはいわば補助的な成分となります。

 

というのも、外から色素を根こそぎ除去してしまうような強い成分は現在では見つかっておらず、そばかすを根本的に消すにはやはり細胞の新陳代謝、つまりターンオーバーを活性化し、どんどん古い細胞とたまったメラニン色素を外へ外へと押し出すことでしか達成できないのです。そのためには、肌細胞・組織を活性化する栄養素をしっかりと摂取しなければなりません。

 

お肌に役立つ栄養素と言えば水溶性ビタミンであるビタミンB群・Cが代表的です。これはどちらもお肌や粘膜の健康状態を維持し、ビタミンCに関してはメラニン色素を直接排出する手助けをしたり抗酸化作用により老化反応を防いだりと非常に多機能です。ビタミンサプリはこちら⇒そばかすに効くサプリ

 

しかしながらデメリットもあり、どちらも水に溶けるため短期間で尿として排泄されてしまい、こまめに摂取しなければなりません。ビタミンCは緑黄色野菜に多く含まれ、色の濃い果物などにも広く存在します。ビタミンB群は豚肉や豆類に多く含まれ、食事ではタンパク源・メインとして豚肉や大豆製品を、副菜・デザートとして野菜や果物を取り入れると効率よく摂取できます。

美白にビタミンC誘導体が良い?

ビタミンCというのは、美容にとても良いと言われており、肌に塗ってもいいですし、飲んでも肌にいいと言われています。ですので、毛穴の開きやニキビ、くすみなどといった肌の悩みがあるという人の中には、ビタミンCを摂取するように心がけているという人も多いでしょう。

 

最近は、ビタミンC誘導体というものも注目されているのですが、このビタミンC誘導体というのはどのようなものなのでしょうか?

 

はじめに、普通のビタミンCというのは、体の中に取り込むことによって吸収されることになります。しかし、肌に直接ビタミンCを塗っても浸透されにくくなっています。

 

これまでに、化粧品でビタミンCが含まれているものは幾つもありましたが、ほとんど意味が無い状態だったのです。最近は化粧品でビタミンC誘導体が含まれているものも多くなっているのですが、このビタミンC誘導体も浸透させることができないのかというとそういうわけではありません。

 

ビタミンC誘導体はこれまでのビタミンCとは比べることができないくらい肌に浸透しやすいという特徴を持っています。一般的なビタミンCと比べると100倍ほどの浸透率だと言われており、効果も短時間で発揮されやすくなっています。

 

参考:ビタミンC誘導体化粧水ガイド〔効果別おすすめランキング〕

 

また、通常のビタミンCというのは、酸化してしまいやすくなっています。それに、皮脂との相性が悪いですので、肌の奥まで浸透させることはできませんでした。ですが、ビタミンC誘導体の場合は、肌の奥まで浸透して、そこで酵素と結びついてビタミンCになるのです。ですので、とても安定しており、肌に対して効果を発揮しやすくなっているのです。

 

このビタミンCはコラーゲンの原料としても使われていますから、肌の奥にしっかりビタミンCを浸透させれば、肌にハリをもたらしやすくなるのです。

更新履歴